ジャーマンスピッツの解説

ジャーマンスピッツの原産国はドイツ。古くから牧羊犬として活躍している。日本でスピッツと言えば、白い被毛の小型犬というイメージが強いが、このスピッツ(日本スピッツ)は白い被毛のジャーマンスピッツを改良した犬種である。現在、ジャーマンスピッツは体の大きさにより3つのタイプに分けられている。

被毛はやわらかいフワフワした毛に被われている。特に首の周りには、たてがみのような飾り毛があり、とても美しい。

性格は、勇敢かつ活発で主人にたいして従順。しかし、それ以外の人間には警戒心が強い。よく吠えるので番犬に向いている。

posted by あさり at 13:50 | TrackBack(0) | ジャーマンスピッツ

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。